快適ショートカット(入力やり直し)

快適ショートカットの画像
目次

ショートカットとは

Windows PCでは作業を効率化させるために、色々なショートカットが割り当てられています。
これは、マウス操作で行う通常のメニュー操作よりも、素早く実行できるために、慣れて使用するとPC作業の効率化が見込めます。

その中でも、筆者がとても便利だと思うショート・カットを3つご紹介します。

下記説明はWindows10、11共通です。

誤入力を一つ戻す(Undo)ショートカットCTRL + Z

PCで作業をしていて、一番多いミスとしては入力ミスではないでしょうか?

文字入力ですと、BS(バックスペース)で一文字戻って打ち直しすれば問題ないですが、画像やイラストの編集などでは、訂正のためには訂正したいものを選択して削除する手間がかかります。

そんな時には、この誤入力を一つ戻す(Undo)のショートカットはとても便利です。

具体的には、何かを間違って削除したり変更したりした際に、Ctrl+ Z を押すことで前の状態に戻すことができます。

このショートカットは、テキスト編集ソフトウェアやグラフィック編集ツールなど、さまざまなアプリケーションで利用されています。

ユーザーエラーを修正したり、操作の取り消しを行ったりするのに大変便利です。

(Undo)ショート・カットで戻した入力をやり直す(Redo)ショートカットCTRL + Y

誤入力を一つ戻す(Undo)の逆で、やり直す(Redo)操作を実行するためのショートカットです。

Ctrl+ Z で行った操作を元に戻した後、Ctrl+ Y を押すことで、元の状態に戻す前の操作を再度実行することができます。

これは、操作を取り消した後で再度同じ操作をやり直したい場合に役立ちます。

このショートカットも、テキスト編集ソフトウェアやグラフィック編集ツールなど、さまざまなアプリケーションで使用されており、Ctrl+ Z といっしょに覚えておくと非常に便利です。

保存する(Save)ショート・カットCTRL + S

それまでの作業を保存する(Save)操作を実行するためのショートカットです。

通常ソフトウェアでは、メニュー画面の「保存」を選択して保存を行いますが、Ctrl + S を押すことで、変更内容を現在のファイルに保存します。

ファイルを保存することにより、データの損失を防ぎ、編集作業を安全に継続することができます。

このショートカットは、ほとんどのソフトウェアやアプリケーションで標準的にサポートされており、頻繁に使用される便利なショートカットの一つです。(自動保存対応のソフトウェアでは機能しません。)

まとめ

WindowsPCのショートカットは沢山ありますが、覚えるのが結構大変で、またそんなに使用頻度はそんなに高くないものも数多くあります。

その中で、これは絶対便利と思えるショートカットを3つご紹介しました。

Ctrl+ Z (Undo)は、ご入力や編集を一つ戻したい時にとても便利で、一番使う頻度が高いと思います。

Ctrl+ Y (Redo)は、その逆で取り消した入力や編集内容を、再度元に戻したい時もあるので、合わせて覚えておくといいでしょう。

Ctrl + S (Save)は、よく保存し忘れて、せっかくの編集や作業が消えてしまった経験が私もあります。常に保存を心がけることは、大事だとは分かっていますが編集や作業の途中だと、メニューを開いて保存するのは手間です。そこで、簡単に上書き保存できるこのショート・カットはとても便利です。

ぜひ、お試しください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次